松盛 純米吟醸 昼下がりのランデヴー

岡部合名会社
紹介者 いばらき地酒ソムリエ りぃ さん

松盛 純米吟醸 昼下がりのランデヴー

昨年、いばらき地酒ソムリエに合格をした日本酒女子会メンバーの りぃ さんに、この時期にぴったりな、おすすめの1本をご紹介いただきました。

口当たりが柔らかく、スルスルと飲めてしまう!
​茨城のおしゃれな日本酒

image0.jpeg

日本酒女子会メンバーの りぃ です。保育士として働いており、中1男子の母でもあります。

日本酒…特に茨城の地酒好きが高じて、昨年いばらき地酒ソムリエに合格しました。

2450981_m.jpg

茨城は、海にも山にも囲まれ、5月は八重桜やネモフィラ、つつじや花菖蒲など様々な花が各地で咲き誇ります。気候としても、ポカポカと暖かく、心地良い日々が続きます。

あまり知られていませんが、酒蔵の数は関東では1番多く、40近い酒蔵があります。

また、久慈川水系・那珂川水系・筑波山水系・鬼怒川水系・利根川水系の5つの水系があり、個性的で美味しいお酒がどんどん生まれているんですよ。

昼下がりのランデヴー生原酒.jpg

そんな茨城の中でも、日本酒「松盛」を醸す岡部合名会社がある常陸太田市は、穏やかで水田が広がっている、とてもお酒造りに恵まれた土地だなと感じます。

今回は、いつも伺う酒屋さんでパッと目を惹いた松盛の「昼下がりのランデヴー」をご紹介します。

図1.png

この昼下がりのランデヴーは、まずラベルがオシャレ!イラストも素敵だし、斜めに貼られているところが良いですよね。控えめな香りながら、口に含むと爽やかな甘みが感じられます。後味はスッキリとして、食事に合わせても邪魔をしない味わいです。そして、12度という低アルコールなので、昼下がりに飲んでも罪悪感がない(笑)フルートグラスに注いで飲むのが私のお気に入りです。後半はお酒の中にフルーツを入れて、日本酒サングリアに!

 

ちなみに、昼下がりのランデヴーは春先に生原酒が販売され、6月以降には火入れ原酒が発売となります。1年に2回、バージョン違いを飲み比べできるのも楽しいです。

図2.png

家飲みが多いので、おつまみはよく作ります。このお酒には、アボカドサーモンなどの魚系のおつまみも合うのですが、焼肉にも持ってこい!ですよ。脂っこさをスッキリと流してくれます。または、爽やかな甘さに合わせて、いちごと一緒にいただくのもオススメです。

 

口当たりが柔らかく、スルスルと飲めてしまう昼下がりのランデヴーをお供に、爽やかな午後を過ごしてみてはいかがでしょうか。そして、このお酒をきっかけに茨城のお酒にも興味を持っていただけたら嬉しいです。

紹介者.jpg

​商品情報

昼下がりのランデヴー商品紹介.jpg

​酒蔵情報

スライド1.jpeg
スライド2.jpeg

​岡部合名会社

住所 〒313-0038 茨城県常陸太田市小沢町2335

電話番号 0294-74-2171

MAIL info@matsuzakari.co.jp

HP https://www.matsuzakari.co.jp/

LINE https://liff.line.me/1645278921-kWRPP32q/?accountId=601iogif

Twitter https://mobile.twitter.com/okabe_sake

Instagram https://instagram.com/matsuzakari_6_okabe